6月8日 トレードbuylimit USDJPY

昨日は眠たすぎて注文の予約をして就寝した。どちらかにブレイクするまで待ちたかったが無理でした。

※buylimit とは 買いの指値注文=現在の価格よりも低い価格での買い注文
※IFO注文とは 新規注文、利確、損切りの3つをセットで注文する方法(buylimitと同じ内容です)

トレンドラインを上にブレイクすると予想してBuyLimit注文

昨日は、連日の寝不足が祟って頭が痛かったので、就寝前にちらっとチャートを見ていい感じのトレンドラインが引けていたので、安易に上にブレイクするだろうと予想して就寝。

結果、下に引いたサポートをブレイクして損切り。

落ち着いて1時間足を見ればトレンドラインをタッチしてからの下降途中との見方もできたので、反省。

2つのIFO注文

考えていたのだが、上と下どちらにブレイクしてもいいように2つIFO注文を置いていればよかった。

騙しにあって2つとも損切りになる可能性があるが、今回の場合IFO注文を2つ入れていれば、下降ブレイクに引っかかって利益が出ていた。

諦めない精神

一昨日に引き続いて、この損切りは正直精神的にくるものがある。

「あぁ、昨日の夜に戻って注文をやり直したい・・・」

と考えてしまうのをやめられない。
この後、仕事に行かないといけないのもネガティブな思考を後押ししている。

けれど、諦めない。
諦めてたまるかと何度もチャレンジするのだ。

そう自分に言い聞かせる。
そのためのブログだ。

成功して、継続的に稼ぎ続けられるようになるまで辞めない。

ヴィクター・フランクル博士が「夜と霧」という本で書いているように
希望を自ら生み出すのだ。

また余裕ができてきたら、こういった書物も紹介していきたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました